e-Janネットワークス採用情報サイト

働く環境を知る

e-Janネットワークスでは社員が働きやすいよう、常に環境の改善を重ねており、様々な文化や制度があります。

社員インタビュー

e-Janネットワークスで働く社員に、入社した理由や現在の仕事内容、やりがいなどを聞きました。

技術戦略室 N.K.(2014年新卒入社)

利用者目線に立った
機能、デザインの実現を目指して
入社のきっかけ

私は就職活動をしていた際に就職情報サイトでe-Janネットワークス(以下、e-Jan)を見つけました。もともと大学では情報学を専攻しており、大学で学んでいたことを活かせると感じたのでIT業界で働きたいという気持ちが強くありました。
大学で情報学を選んだ理由は、普段から趣味で絵を描いたり、HPを作成したりと、パソコンを使って作業することが多く、より深く学びたいと思ったことと、色の研究に興味を持っていたのですが、それを芸術方面でなく、情報学の分野から研究してみたいと思ったからです。
e-Janのオフィスを初めて訪れた時のことは忘れられません。会社説明会や筆記試験があるということで緊張しながらオフィスに入ると、受付に大きな黒板(エントランスボード)があり、緻密な紫陽花や躍動感のある蛙の頭上に綺麗な虹が掛かっているチョーク絵が目に飛び込んできました。社員の方が毎月描かれていると聞き、そのクオリティに驚きました。チョークアートの柔らかさに緊張が和らいだのを今でも覚えています。この頃からhaoさん*1のファンです!

*1:弊社の社員が”hao”名でアーティスト活動をしています。文中に登場した作品や、その他の作品はこちらのページで紹介しています。

現在の業務内容

現在は品質保証グループ*1でリリース前のプロダクトの動作確認をしています。
入社当初はテクニカルサポートグループ*2(以下、サポートグループ)で、お客様と直接やりとりをし、障害の調査や仕様に関する質問への回答を行っていました。サポートグループでは、プロダクト全般の知識を満遍なく得ることができ、また、お客様がどのように製品を運用しているかを知ることもできました。
2017年度に異動した現在の品質保証グループでは、直接お客様とお話しする機会はありませんが、テストケースを考える際や仕様を理解する際に、サポート業務での知識が役立っていると感じています。
品質保証グループでの業務は、新しい機能に触れることができたり、仕様やデザインに携わることができるので、楽しく、またやりがいを感じています。
また、趣味として取得した色彩検定1級の知識や大学時代に研究室でカラーユニバーサルデザイン等について学んでいた経験を活かし、CACHATTOのアイコンカラーやスケジュール機能のリニューアルにも携わりました。グループの垣根を越えて社員が開催しているデザイン勉強会にも参加し、デザインのツールや書籍を教えていただいたりして、デザインの考え方の幅を広げることができたと感じます。スケジュール機能のリニューアルにおいて、勉強会で学んだツールを使用して検証業務を行うなど、業務の幅も広がりました。

*1:現 技術戦略室
*2:現 カスタマーサクセスグループ

印象的なこと

受付に大きな黒板があって、その絵を社員が毎月交代で描いているというオフィスは珍しいのではないかと思います。以前、絵を描くことが趣味だとTMC*3で史郎さん(e-Jan社員の多くは代表の坂本のことを親しみを込めてそう呼びます)にお話ししたところ、「描いてみない?」とお言葉をいただきました。私の所属はデザイン業務を行う部署ではないのですが、個人的にチャレンジさせていただいています。自分のやりたいと思ったことをしっかりと受け入れてもらえ、色々とチャレンジできる環境は、とても有難いと感じました。

*3:月に一回社長や役員と1対1で10分間会話をする時間。現在は役員を含むランダムに選んだ複数人のメンバーとフリートークをするグループTMCを行っています

これe-Jan!

私がe-Janのいいところだと感じるとこは、メリハリをつけて業務ができることです。
有給休暇が取得しやすいことは勿論、フレックスタイム制度*4があるので集中して業務に取り組んだ後は、仕事の都合さえつけば少し早めに退社して、平日でも趣味でリフレッシュすることができます。「平日だから」と諦めずに趣味を楽しめる環境があります。私も午前中に仕事をした後、午後半日のお休みをいただき音楽ライブに行くこともあります(笑)
最近ではテレワーク制度も整い始め、今後はより働きやすくなるのではと感じています。
CACHATTOがあるので、電車内でCrossCom*5を読んだり、いざという時に会社の外でメールを読んだり、ファイルサーバーにアクセスして社内の資料を確認できることも仕事の効率化に大きく役立っています。

*4:10:00から15:00をコアタイムとしフレックスタイム制度を導入しています
*5:自社で開発した社内コミュニケーション促進ツール。業務報告に1日の「Good News」や感謝のメッセージを合わせて提出する

これからの目標

品質保証グループとして、機能面だけでなく 使い勝手にかかわる部分の向上も意識して業務に取り組みたいです。ユーザビリティテストに注力したUIデザインの改良を今まで以上に進めていきたいと思います。
また、今後もオフィスを訪れる方々を暖かくお迎えできるようなエントランスボードを描いていきたいです。

1日のスケジュール
9:00 出社
検証業務開始
10:30 グループミーティング
11:00 検証業務
13:00 ランチ
14:55 検証業務
18:00 エントランスボード作成
19:30 退社

* 本文章に記載された情報は取材当時(2019年3月)のものです。あらかじめご了承ください。